この季節を待っていた!

野鳥、虫などの生き物を。タカの渡りが好きです。岐阜県とか愛知県とか。


コメントする

2018年 タカの渡りまとめ(金華山・伊良湖岬)

タカの渡りはまだまだ続いているが、11月初旬で一区切りということで今シーズンのタカの渡りのまとめ。
下部に各観察日の日付、数、満足度(◎、〇、△、☓)を載せてあり、各日の記事にリンクしてあるので是非。再三言っているが、タカの渡り決してタカの数だけではなく、数が少なくても近い個体が多い日があったり、タカ以外でも小鳥や虫が楽しめるのも魅力。全部総合してしっかり楽しめた日は満足感も高め。写真も追加してあります。

<金華山>
・天候
そこそこ恵まれた。9月初旬は天候不順の日も多くどうなることかと思ったが、曇予報でも行ってみると晴れてタカも飛ぶという日が多く、タカの渡りを見ると決めてシーズンを過ごしている人にとっては良いシーズンになったと思う。逆に、完全に晴れる予報でないと行かないという人にとっては「あれ?晴れてるじゃん」という日もあって良い日をなかなか当てられなかったかも。

・タカ類総数
例年よりかなり多かった。サシバは200羽を超える日も多く、300羽を超える日が2日も。これは金華山ではかなり珍しい。4桁の日がないにも関わらず総数が2000羽を軽く超えた。これはタカの渡りネットに載っている限りでは初のこと。ハチクマも100羽を超える日が2日もあり、総数も例年よりかなり多い。ノスリは300羽の大台に乗った日もあり総数としては金華山歴代2位の多さ。また、東行ハイタカのピークが10月下旬と早く、こちらも総数がかなり多い数となった。特に見にくいコースに偏るという日もなく、たいていが真上を通過してくれた。例年の金華山らしからぬダイナミックな渡りが観察できた。

・他
9月の休日に良い日が当たった。9月16日,17日,22日,23日,24日とピーク時の晴れた休日は全てサシバ3ケタ。週末バーダーでもしっかり楽しめるチャンスがあった。一番カメラマンが多かった日が一番近いタカが少ない日だったけど、タカの渡りなんてこんなもん。写真だけを目的にしているとなかなか楽しめないと思う。ノスリについては特に休日に良い日があったというわけではなく、いつも通り偏りなく飛んだ印象。300羽の日はかなり迫力のある渡りだったので、あれが休日に当たっていれば楽しめる人も多く、ノスリにはまってくれる人が増えたかと思ったのだけど。

以上が今シーズンの金華山をまとめ。今年は良い日が本当に多く、しかもその多くが休日に当たったのでとても良いシーズンだった。今年の金華山のタカの渡りで楽しめなかった人はタカの渡りの観察には向いていないとすら思う笑。今年観察に見えた方が金華山のタカの渡りの観察に今後来てくだされば嬉しいけど、金華山は9月にこんなにたくさん飛ぶ場所ではないので、来年以降拍子抜けしないか今から少し心配笑。

<伊良湖岬>
2日間しか行っていないのでまとめるほどのこともないが、こちらも良い時間を過ごすことができた。10月には快晴の中、真上をさらさら流れていくサシバの群れをのんびり眺め、美しく光る翼下面を堪能できたし、11月は多くのハイタカを見ることができた。ツミとの識別の練習にもなった。伊良湖はタカの渡りファンにはたまらない場所。11月いっぱいはなかなか楽しめるようなのでまた行くかも。来年は行く回数を増やしたい。

以下各観察日の記事へのリンク。9月2日は偵察程度だったので省いてます。
9月11日 金華山 タカ類計172 ◎
9月13日 金華山 タカ類計426 ◎
9月16日 金華山 タカ類計363 ◎
9月17日 金華山 タカ類計246 ◎
9月19日 金華山 タカ類計201 〇
9月22日 金華山 タカ類計348 ◎
9月23日 金華山 タカ類計396 ◎
9月24日 金華山 タカ類計633 ◎
10月2日 伊良湖岬 タカ類計1137-9 ◎
10月7日 金華山 タカ類計268 ◎
10月8日 金華山 タカ類計73 △
10月13日 金華山 タカ類計105東2 ◎
10月14日 金華山 タカ類計170東3 ◎
10月19日 金華山 タカ類計316東5 ◎
10月20日 金華山 タカ類計187東7 ◎
10月21日 金華山 タカ類計164東4 ◎
10月27日 金華山 タカ類計67東10 〇
10月28日 金華山 タカ類計101東22 〇
11月3日 伊良湖岬 タカ類計85東31 ◎

広告


コメントする

伊良湖岬のタカの渡り 2018.11.3

今年の締めのつもりで伊良湖岬のハイタカ属の渡りを見に行ってきた。この時期に一日先端で見たことはなかったのでどんなもんか一回見てみるか、程度のつもりだったけれどなかなか楽しくて、結局15時過ぎまで見ていた。以下詳細。


伊良湖岬 2018年11月3日 7:10-15:15 曇後晴
7時台 ハイタカ7 ハイタカ東1 ツミ4
8時台 ハイタカ1 ハイタカsp1 ハイタカ東3 ツミ2 ノスリ3
9時台 ハイタカ15 ハイタカ東9 ツミ4 オオタカ1
10時台 ハイタカ5 ツミ3 ノスリ2 チョウゲンボウ1
11時台 ハイタカ4 ハイタカ東4 ツミ5 オオタカ1
12時台 ハイタカ12 ハイタカ東3 ツミ4 ノスリ4
13時台 ハイタカ2 ハイタカ東5
14時台 ハイタカ1 ハイタカ東3 ツミ4
15時台 ノスリ1 チゴハヤブサ1
合計 ハイタカ47 ハイタカsp1 ハイタカ東31 ツミ23 オオタカ2 ノスリ10 チゴハヤブサ1 チョウゲンボウ1 タカ類計85東31


前日までは晴れの予報だったのが、ふたを開けてみたらどんよりとした曇り。これが金華山ならタカなんて全然渡らないだろうという天気だったけれど、まあ今日は観察をご一緒させていただく予定だし人と話すのを目的にしても良いか、と軽い気持ちで観察開始。
すると開始直後から思いのほかタカが渡る。曇り空で翼下面が真っ黒だけど、真上か少し北よりになる程度のコースでゆっくり観察でき、ハイタカとツミの識別の良い練習になった。今日は風が弱くて普段通りの羽ばたきをしていたけど、あれが強風になるとますます難しくなるだろう。僕に識別できるかな…?
ハイタカは基本的に1羽ずつで、最大で3羽が一緒に西へ。ツミもそこそこ混じり、時折頭上低く通過するのも楽しい。特に午後の東行の低いハイタカは綺麗な♂で、しっかり写真が撮れて満足。
朝のうちは小鳥も頻繁に通過。メジロ、アオジ、カシラダカ、アトリ、カワラヒワ、イカル、タヒバリ、ビンズイ、ヒバリ、キジバト、アマツバメ等が上空を群れで通過していく。これだけ渡る小鳥がいるとそれを狙う猛禽もいるようで、今日は渡らないであろうハイタカを最低でも2個体は見た。これらのハイタカは古山の上で風を受けてハンギング状態になり、ずっと下を見ていた。そして、渡っていく小鳥がその下を通ると何度も上から急降下して突っ込む。失敗も多いけれど、1回はしっかり小鳥をつかむのを観察。渡る小鳥も命がけだなあと改めて感じるシーンだった。そしてこのハイタカは東西に行ったり来たりを繰り返しており、東行も西行も少し多めにカウントしてしまっているかも。

タカは暇になる時間も少しあったけれど、その時間は周りの方々と談笑。お菓子やコーヒーまでいただいてしまった。ご馳走様でした。ありがとうございました!おまけで蜃気楼が出ているのを教えてもらい、人生初の蜃気楼を見ることができた。あと、アサギマダラがかなりの数通過していったので、最初から数えていればよかった!と少し後悔。

朝からの雲が取れて青空が広がったのは14時半ごろ。今日は用事があったので15時で切り上げて帰る支度を済ませたら、頭上をチゴハヤブサとノスリが一直線!西日が当たってとても綺麗だったけど、残念ながら全て片づけた後でした笑

初めての伊良湖岬でのハイタカ属の渡りを目的とした観察はかなり楽しかった。サシバ、ハチクマ、ノスリほど数は出ないけれど、良い日なら退屈することはないし、小鳥もサシバの時期よりは種類が増える。今回は観察できなかったが、ハイイロチュウヒやコチョウゲンボウが渡るのもこのくらいの時期なので、”渡りでは”珍しい種類を見つける楽しみもある。また、ノスリとハイタカは結構行ったり来たりが多いと思うので、数に現れない楽しさもあるだろう。このくらいの数ならこれだけ楽しいんだな、ということが分かったので、また来年もこの時期にぜひ伊良湖を訪れたい。今シーズンもう1回行きたいくらいだけど、予定があるので厳しいかも。それと、やっぱり伊良湖は晴れているときに来たい!笑


・ハイタカ Accipiter nisus
↓一瞬出た青空に沿って飛んできた。西行。

↓3羽の群れ。これも西行。

↓この日一番近かったのはこの綺麗な♂。東行。

・ノスリ Buteo buteo
↓ノスリはまばら。おまけに曇り空で光が少ないため翼下面もよく見えない。

・キジバト Streptopelia orientalis
↓数羽~10羽程の群れが何度も上空を行き来していた。

・イカル Eophona personata
↓頭上を群れが渡って行った。そこまで大きな群れではないと思うけれど、イカルのこの数の群れが渡っていくのを見たのは初めて。

・ハクセキレイ Motacilla alba
↓車の上によく乗っていた笑。2羽がうろうろしていたけど、観光客からエサをもらっているのだろうか?

・蜃気楼


コメントする

金華山のタカの渡り 2018.10.28

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2018年10月28日 7:40-16:00 快晴後晴
7時台 ノスリ1 ハイタカ東3
8時台 ノスリ14 ツミ3 ハイタカ東2
9時台 ノスリ35 ツミ2 ハイタカ1 ハイタカ東3
10時台 ノスリ7 ハイタカ東3
11時台 ノスリ2 ツミ1 ハイタカ東3
12時台 ノスリ2 ツミ1 ハイタカsp1 ハイタカ東2 ハイタカsp東1 ミサゴ1
13時台 ノスリ17 ツミ4 ハイタカsp1 ハイタカ東1
14時台 ノスリ4 ハイタカ東2
15時台 ノスリ4 ハイタカ東2
合計 ノスリ86 ツミ11 ハイタカ1 ハイタカsp2 ハイタカ東行21 ハイタカsp東行1 ミサゴ1 タカ類計101東22

朝から快晴で冷え込んだ。能郷白山方面は雲に覆われており、冬の天気だなあと季節を感じる。朝のうちはジョウビタキの声がずっと響いていた。
8時前にノスリが市街地の上で回っているのを発見し眺めていたら、そこにハイタカが混じり、少し回った後ハイタカがこちらに向かってくる。手前の木で見えなくなったので現れるのを待っていると少し南に逸れて羽ばたきながらやってきた。するとそれに続いてもう2羽のハイタカが現れ、一時3羽で旋回。金華山でハイタカの群れ(小さいけど)が見れるとは思わなかった!ノスリは9時ごろから10羽程の群れが出だし、密集して流れることもあった。以降に期待が膨らんだものの昨日と同じで尻すぼみ。13時半ごろに数羽の群れがばたばたっと南側を通過した以外は盛り上がる場面は無かった。ハイタカの東行きは好調で、単独だけれども間断なく渡った。後姿で見つけることが多いものの、見やすいところで旋回してくれることもあり、ハイタカの綺麗な鷹斑を堪能できた。夕方には少し遠かったけど木にしばらく止まるハイタカも観察できた。東行きのハイタカは結局20羽を超えてびっくり。こんなに飛んだ日は今まであったのだろうか?

ノスリはいまいち盛り上がらずだったけど、ハイタカはたくさん見れたし、暑くもなく長袖で暖かく過ごせてのんびりタカの渡りを見れる良い日だった。ノスリは金華山合計3000羽まであと少しだけど、達成できるのだろうか??

さて、今シーズンの金華山でのタカの渡り観察はこれで最後になる可能性が高い。これからはハイタカ属エクストラステージ笑。今年は天候に恵まれて良いシーンがたくさん見れたのでとても良いシーズンだった。またまとめを別記事で書くつもり。来年は金華山に来れるかどうかわからないけれど、どこかでタカの渡りを見ていると思う。また来年も渡るタカがしっかり観察できますように。


・ハイタカ Accipiter nisus
↓朝一番に3羽で連なってきたうちの1羽。低かったけど南側だった。

・チョウゲンボウ Falco tinnunculus
↓ハクセキレイにモビングされながら登場。一回転して南側へ消えて行った。

・ノスリ Buteo buteo
↓良い具合に羽が透けて綺麗

↓全体の数は少なかったが、密集した群れもあったためこんな写真も。

↓14時40分ごろの今日一番近かったノスリ。

・ヒメカマキリ Acromantis japonica
↓またまた登場!今日もひまな時間はしっかり相手をしてもらいました!


コメントする

金華山のタカの渡り 2018.10.27

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2018年10月27日 11:15-15:30 曇後晴
11時台 タカ類0
12時台 ノスリ25 ツミ2 ハイタカ1 ハイタカ東2
13時台 ノスリ13 ハイタカ1 ハイタカ東4
14時台 ノスリ18 ツミ1 ハイタカ東3
15時台 ノスリ6 ハイタカ東1
合計 ノスリ62 ツミ3 ハイタカ2 ハイタカ東行10 タカ類計67東10

雨は朝のうちに止み、晴れる予報だったので昼前に展望台へ。案外天気の回復はゆっくりで、晴れたのは12時半ごろ。風が強い予報だったが、夕方に少し強くなったくらいで過ごしやすかった。
ノスリは12時過ぎから渡りだした。最初の一羽が渡ってから間をおかず16羽が一斉にやってきて、頭上でタカ柱。これはなかなか見事だった。今日は結構期待できるか!?と思ったのだけど、その後は低調。たまに群れで来るのだけど、単独でぽつぽつ渡る。風が強いと南や後ろから出てくるものが多くなるが、ちょうど良い風だったようで高く上がったり、北側に偏ってしまったりで見た気はあまりしない。ハイタカの東行きは好調で、2ケタを記録。西日を浴びて旋回するハイタカは模様がしっかり見えてとても綺麗だった。
いよいよノスリの渡りも終盤。最後の追い込みに期待したい。明日が今シーズン最後の金華山になるかも。


・ノスリ Buteo buteo
↓規則正しく?円を描いたタカ柱

↓近いものは少なかった

↓脛の暗色が目立つ個体。光が良ければ…

・トビ Milvus migrans
↓魚をつかんで、飛びながら食べていた。この時期は落ちアユが獲りやすいのか、魚を食べながら飛んでいるトビをよく見る。この魚もアブラビレが見えるのでアユかな?


コメントする

金華山のタカの渡り 2018.10.21

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2018年10月21日 7:20-16:15 快晴
7時台 ハイタカsp東行1
8時台 ノスリ45 ツミ2
9時台 ノスリ66 ツミ3 オオタカ2 ハイタカsp1
10時台 ノスリ6 ツミ2 ハイタカsp1 小型不明1 ハイタカ東行2
11時台 ノスリ4
12時台 ノスリ2 ミサゴ1
13時台 ノスリ6 ツミ1
14時台 ノスリ11
15時台 ノスリ8 ツミ1
16時台 ノスリ1 ハイタカ東行1
合計 ノスリ149 ツミ9 オオタカ2 ミサゴ1 小型不明1 ハイタカsp1 ハイタカ東行4 タカ類計164東4

今日はタカの渡りネットの数とは違うかもしれません。
快晴で冷え込んだ朝。とても寒かったが、10時にもなると日差しが強くなりいつも通り焼かれながら観察笑。
今日のノスリの出だしは早く、9時過ぎから休む間もなく流れた。今日も数羽の群れがずっと続く感じ。めちゃくちゃ近い!というものはないけれど、さほど高くもない距離をすいすい通過。10時には100羽を超え、今日も300羽ペース!と思っていたらぱったり止まってしまった。昼過ぎからまた盛り上がるかなと思っていたけれど、全くそんなことはなかった。10時以降はメジロに遊んでもらっていたもののかなり暇だった。ツミの綺麗な♂成鳥が見れたのと、渡らないオオタカ幼鳥が近くに来てくれたのが救い。まあ、これでも朝はかなり飛んで楽しかったし、今日も3ケタを超えたのでよし。これで金華山は6日連続のノスリ3ケタ。16時ごろ渡来した5羽のノスリは1羽のみが渡り、他の4羽は降りるか戻っていって渡らなかった。明日の朝に出るかもしれない。
ツミに関しては昨日とは違い快晴だったため見落としが多く数が伸びない。双眼鏡ではるかかなたのツミを見ても、通過が確認できないことが何度もあった。

今日はヒヨドリの渡りを30羽程しか観察できず、ヒヨドリの渡りの時期は終わったようだ。今日はツグミが飛ぶ姿を見た。ジョウビタキは昨日に続き展望台周辺をうろうろ。シメも上空に現れた。

そろそろノスリの渡りも終盤。これからまだまだ最後の追い込みで結構数が出る。来週もしっかり観察して今シーズンの最後を飾りたい。


・ノスリ Buteo buteo
↓まあまあ近くを通過するものも。

↓ノスリの柱。

↓西日に照らされて綺麗なノスリ。16時過ぎ。

・ツミ Accipiter gularis
↓雄成鳥。ちょっと高かったけど…。この時飛んでいたのはこの個体だけだが、1羽でひっくり返って曲芸みたいなことをしていた。何をしてたんだろう?



・オオタカ Accipiter gentilis
↓至近距離に現れた幼鳥!綺麗に撮れてうれしい。見ていたら渡らずだったので、この辺りにいる個体のようだ。オオタカはこれまでも出ていたので、過大にカウントしているかも。

・メジロ Zosterops japonicus
↓展望台周辺にたくさんなっているアケビに来ていた。器用にぶら下がったり、2羽で来ていたりとってもかわいい。種ごと食べていたり、果肉だけ食べたりしていた。こうやって種が運ばれていくんだなあ。




コメントする

金華山のタカの渡り 2018.10.20

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2018年10月20日 7:25-14:00 曇一時雨
7時台 タカ類0
8時台 ノスリ4 ツミ2 ハイタカ東行1
9時台 ノスリ6 ツミ8
10時台 ノスリ62 ツミ6 オオタカ1 ハイタカ東行1
11時台 ノスリ42 ツミ5 ハイタカsp1 ハイタカ東行1
12時台 ノスリ33 ツミ9 ハイタカ東行4
13時台 ノスリ8
合計 ノスリ155 ツミ30 オオタカ1 ハイタカ東行7 ハイタカsp1 タカ類計187東7

晴れ予報の日だったが、到着後すぐに雲が多くなり、太陽が隠れてしまう。気温も低く日照もないのでとても寒く、一日中フリースを着て観察した。
10時半ごろから北西風が強くなるとノスリが数羽ずつまとまって飛び出す。南と北に遠いものが多い。20羽程の群れが二回出て、うち一群れは頭上でゆっくり回った。北西風の強い日らしく、市街地側から急に出てくるノスリやツミも。この時期に風が強くなるとハイタカ属が多く確認できる。特に今日は曇で見つけやすかったため、ツミのカウントが増えた。また、ハイタカが立て続けに市街地側から近距離に出てくる場面も。ずっと追っていたけど、そのまま風を受けて北に向かうので西か東か判断が難しい。どうやら両者では体格に差があるようだけれどまだよくわからない…。なので今日のハイタカの向きは自信がないものが数羽含まれている。近距離に出てくるタカは迫力があって面白いのだけど、肝心の写真は曇なのでとても微妙。晴れてればなあ!
12時半ごろからぽつぽつ雨粒が落ちてきて、13時から30分は本降りになり展望台の下で雨宿り。風が強かったので渡るノスリもいるのではと見ていたら結構な雨の中を渡る二羽のノスリを観察。あんな雨の中渡るタカは初めて見た。
今日は所要のため14時で終了。他の方にあとの観察を託して下山した。
というわけで今日は基本遠く、たまに近距離といった具合の日だった。まあまあ多くのタカが見れたので今日も楽しかった。

小鳥はジョウビタキやアオジ、ツグミの声が聞こえてきて季節の進みを感じた。アトリが大きな群れで何度か北東へ。うち一度は100羽超の群れが頭上を過ぎたと思ったら急旋回し展望台北側の奥の木に一斉に降り、枝の隙間から止まっているアトリを観察できた。大きな群れが急旋回する光景はなかなか見事。
午前中はハリオアマツバメが50+の群れで次々に北進。全然数えていないけど500羽以上が金華山周辺を北に行ったのではないだろうか。何故北に行くのわからないし、この時期にこれだけたくさんのハリオアマツバメがまだ残ってたのか!とびっくり。
また、展望台のアケビが良い感じに熟れているようで、メジロやタイワンリスが食べに来ていた。


・ノスリ Buteo buteo
↓市街地の上で旋回。

↓しっかり写真が撮れたのはこれくらい。

・ツミ Accipiter gularis
↓風が強くなるとハイタカ属も近くをかすめるように飛ぶ。しかし一瞬でぶっ飛んでいくことが多いので写真を撮るのは大変!

・ハイタカ Accipiter nisus
↓市街地側から羽ばたいて現れ、岐阜城方面へ。東行きとしたが…?

・アトリ Fringilla montifringilla
↓大きな群れが頭上を越してすぐ旋回して近くの木に降りた。一斉に方向転換する様は見事。

・ジョウビタキ Phoenicurus auroreus
↓個人的今季初認。展望台横の桜の木に止まった。

・メジロ Zosterops japonicus
↓アケビに来ていたけど、アケビの実をついばんでいるところは撮れず!

・タイワンリス Callosciurus erythraeus
↓困った外来種。ニホンリスの方が小柄で耳毛が長くてかわいい。アケビを丸々ちぎり取って食べていた。一週間前は全然見なかったので、アケビが熟したから食べに来ているんだろう。


コメントする

金華山のタカの渡り 2018.10.19

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2018年10月19日 7:45-16:00 晴後小雨後晴
7時台 タカ類0
8時台 タカ類0
9時台 ノスリ31 ツミ2 ハイタカsp1
10時台 ノスリ99 ハチクマ1 ツミ8 ハイタカ東行1 ハイタカsp東行2
11時台 ノスリ152 ツミ2 ハイタカsp1
12時台 ノスリ12 ツミ1 ハイタカ東行1
13時台 ノスリ6
14時台 ハイタカ東行1
15時台 ミサゴ1
合計 ノスリ300 ハチクマ1 ツミ13 ハイタカsp2 ミサゴ1 ハイタカ東行3 ハイタカsp東行2 タカ類計316東5

展望台に着くと早速ツグミの声がして季節の進みを感じる。今日は他にもカシラダカ、シロハラの声が聞こえてきた。
肝心のタカは10時までは全く飛ばずだったが、10時を過ぎて数羽ずつでぱらぱら飛び始めると、その後は10羽から30羽ほどの群れが次々と通過。南北に少しコースが偏ったり、肉眼では見えない高さを行くこともあるものの、一番迫力のある群れはしっかり観察できる距離を通過。密集して青空を流れたり、見事なタカ柱になったりと大迫力のノスリの渡りだった。これだけのノスリの群れが金華山で見られることはそうあることではない。個人的にも、私がノスリの渡りにはまったきっかけになった5年前以来のノスリ300羽超えとなりとても嬉しい!また、上空で回っていたハイタカを見つけてみているとそこにツミが絡みに。しばらく二羽で回ったのちハイタカは東へ、ツミは西へという面白い場面もあった。10時台にノスリの群れに混じっていたハチクマは淡色の幼鳥。

14時前から南西の空が真っ暗になり、雨が降っている様子。この時間に渡来したノスリはこの雲を見て渡るのを迷っていたのか、10分ほど観察地の上空に浮いていたが、結局明るい池田山方面を目指して渡っていった。14時を過ぎると雷鳴が聞こえ出し雨がぱらつく。これは降りそうだなと思ったので展望台の下に荷物を移動させたが、結局少し南に雨雲はそれたようで雨は降らず。15時前からまた晴れてきたのだけど、まったくノスリは飛ばなかったので16時に終了とした。

上流の速報値を見ていると、金華山ではまだまだノスリは飛びそうな感じ。今年はタカ類6000羽は軽く超えそうだけど、さて何羽になるかな?


・ノスリ Buteo buteo
↓タカ柱。一部しか写らないけれど、今日の群れは迫力があった。

↓今日も近いノスリはほとんどなし。でも密集した群れを見れたので満足。

・エゾビタキ Muscicapa griseisticta
↓朝の飛ばない時間に相手をしてくれた。かわいい。