この季節を待っていた!

野鳥、虫などの生き物を。タカの渡りが好きです。岐阜県とか愛知県とか。


コメントする

金華山のタカの渡り 2017.10.4

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2017年10月4日 9:15-15:00 曇後快晴
9時台 サシバ11 ノスリ3 ツミ6
10時台 サシバ3 ノスリ2 ツミ6 ミサゴ1
11時台 サシバ3 ノスリ12 ツミ2
12時台 サシバ3 ハチクマ1 ノスリ33 ツミ4
13時台 サシバ3 ノスリ18 ツミ1 チゴハヤブサ1 小型不明1
14時台 ノスリ7 ツミ3
合計 サシバ23 ハチクマ1 ノスリ75 ツミ18 ミサゴ1 チゴハヤブサ1 タカ類計121

今日も寒い朝で、フリースを着て観察。朝は曇りで昼過ぎから青空が広がった。
ノスリが多く飛ぶだろうと思っていたら、案外静かな空。
サシバは10羽の群れが出て、今年最後の集団か、と大事に見送る。サシバはその後も単発で近距離に現れたりしてなかなか楽しませてくれた。
頭上に来た5羽のノスリは非常に美しく感動。他はほとんどが北側遠くだった。ノスリの数もだいぶ増え、いよいよノスリシーズンが始まる様相でわくわくしている。
今日もツミが近くをかすめることが多々あった。また、チゴハヤブサ幼鳥も比較的低いところ、正面で回ってくれ、しっかり見ることができた。
タカ以外にもヒヨドリが多数渡ったり、ハリオアマツバメが二回出たり、空からビンズイの声が聞こえて季節が進んだと思いきやまだサンショウクイの声が聞こえたり、いろんな鳥を感じることができた。
終日強めの北西風が吹いていたが、展望台は意外に過ごしやすく、太陽の暖かさを感じながら日向ぼっこ。のんびりできて良い日だった!

金華山はこれからの1ヶ月が非常に面白くなる。ノスリは何故か人気が無いので、9月に比べると観察に訪れる方も少なくなるのだが、非常にもったいないと思う。青空に舞う白いノスリは非常に美しい。気候も良くなり、チゴハヤブサもこれからが良く見られる時期。ぜひ観察に訪れてほしい。


ノスリ Buteo buteo
↓頭上に来た5羽のうちの一部。とても綺麗だった。青空に舞うノスリの美しさを伝えられる写真が撮りたいのだけど、なかなか難しい。

後日写真追加予定。

広告


コメントする

伊良湖岬のタカの渡り 2017.9.30

本日は金華山を離れ、伊良湖岬へ。
この近辺に住んでいるなら、伊良湖岬の良い日は知っておかねばならないという思いは前々からあった。
というか、僕はそもそも伊良湖岬で1日じっくりタカの渡りを観察したことが無かった。
今回は丁度条件が良い日に行けることが決まったので、知り合いと一緒に期待して現地へ。
期待通りたくさん飛んでくれ、記憶に残る1日となった。

ちなみに、僕は数を数えることが好きなので現地でも知り合いと一緒に勝手に数を数えていた。
したがって、以下の通過数はタカの渡り全国ネットとは全く関係はない。
今回僕が数えていたのは双眼鏡で見える範囲のみ。南側も結構数えたつもりだったのだが、定点調査の方々の数には遠く及ばなかった・・・。


伊良湖岬 2017年9月30日 5:30-15:30 曇後晴れ
5時台 サシバ2
6時台 サシバ48 ハチクマ5
7時台 サシバ94 ハチクマ4 ノスリ1
8時台 サシバ432 ハチクマ4 ノスリ1 ミサゴ1
9時台 サシバ481 ハチクマ2 チゴハヤブサ2
10時台 サシバ142 ハチクマ4 チゴハヤブサ1 ミサゴ1
11時台 サシバ141 ハチクマ2 ノスリ1 チゴハヤブサ1
12時台 サシバ68 ノスリ1 チゴハヤブサ2 ツミ2
13時台 サシバ209 ハチクマ1 ノスリ1 チゴハヤブサ1 ツミ1
14時台 サシバ54 ハチクマ2 ノスリ1
15時台 サシバ20 ハチクマ3
合計 サシバ1691 ハチクマ27 ノスリ6 ツミ3 ミサゴ2 チゴハヤブサ7 タカ類計1736


AM2時過ぎに現地に着く。車から出ると星空が広がり、エゾビタキの声が空から降ってきた。
小鳥の渡りを観察しにくるだけでも十分価値があるな、と感動し、仮眠。

翌朝は5時半ごろから空を見上げていた。天気予報では晴れとなっていたが、雲が広がり、少しモチベーションが下がる(笑)。始発は5:55の2羽のサシバ。
小鳥の渡りもそこそこ見られ、ハクセキレイやツバメが小群でひっきりなしに通過していく。
コムクドリ50羽ほどの群れも見られた。草地ではセッカがかわいい地鳴き。

サシバの本格的な流れは7時台から、10から30の群れで流れていく。8時を過ぎると50を超える群れが南側でいくつもタカ柱となる。8時台の大きな群れの大半は南側遠くだったが、海上にできるタカ柱は比較的密集しており、迫力がある。本日最大の群れは9時過ぎ、僕のカウントでは121羽。ビューホテルの左側に流れる格好で現れたこの群れは、その後頭上を通過し、背後で大きなタカ柱となった。僕は100羽を超える群れを見たのが初めてだったため、この群れには本当に感動した。その後は30羽程度が次々と真上を流れていく場面が続き、気分よく空を眺めることができた。座って空を眺めながら、あわてずにサシバをカウントするのはとても幸せ。夕方近くなると太陽が照り始め、伊良湖名物である「砂浜や駐車場の光の反射で翼下面が美しく見えるタカ」を堪能した。これは予想以上に美しく、写真にも非常に向いていると感じた。山の上で見るよりは近いものは少ないかもしれないが、この条件でのタカを観察撮影してしまうと病み付きになる。サシバもハチクマもきれいだった。チゴハヤブサも多く見ることができた。

今日の特筆すべき点は、1日中飛んでいたことと、真上を多く通過してくれたこと。おそらく1000羽以上が真上を適距離で流れた。
近年の伊良湖での4桁は非常に価値があると思っているので、自分で数えても4桁を達成できたのはとてもうれしい。
正直、伊良湖がこんなに良い場所だとは思っていなかった。案外低いところを飛ぶし(まあ高い日は高いのだろうけど)、翼下面は美しく見える。小鳥もよく渡る。
近く住んでいたら間違いなく通っている。スペースが広くてのんびりできるところも良い。
今回の伊良湖でのタカ見ですっかり伊良湖のとりこになってしまった。やはり少し遠いので頻繁にはいけないのだけど、また行きたいと強く思う。
白樺峠で4桁の日にあたったことはあるのだが、今回の方が満足度はかなり高かった。伊良湖の4桁はすごい。
とにかく、思い出してため息が出るほどの素晴らしいタカの渡り観察だった。


写真は後日掲載。


コメントする

金華山のタカの渡り 2017.9.29

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2017年9月29日 7:00-14:30 晴れ
7時台 サシバ5 ノスリ1
8時台 サシバ12 ノスリ1 ツミ3
9時台 サシバ1 ノスリ2 ツミ4
10時台 サシバ10 ハチクマ3 ノスリ2 ツミ3
11時台 ツミ1
12時台 ハチクマ2 ノスリ3
13時台 サシバ2 ハチクマ3 ノスリ12 ハヤブサsp1
14時台 ハチクマ1 ノスリ5
合計 サシバ30 ハチクマ9 ノスリ26 ツミ11 ハヤブサsp1 タカ類計77

朝は冷え込んで。10月中旬のような寒さ。
雨上がりで飛ぶかと思ったけど微妙な数。今年の金華山ではほぼ最後となりそうなまとまったサシバを見送った。
ヒヨドリの渡りが本格化したようで、100羽以上の群れも渡った。これはなかなか見もの。
例年ならカケスがちらほら見られるんだけど、今年はまだ見ていない。数年前の当たり年みたいな年にはならなさそう。
午後のノスリが今日は一番近かった。
これから金華山の主役であるノスリのシーズンに入る。次の連休には3ケタも見られるのではないだろうか。楽しみ。

写真は後日掲載。


コメントする

金華山のタカの渡り 2017.9.24

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2017年9月24日 7:00-15:00 晴れ
7時台 タカ類0
8時台 サシバ54 ハチクマ9 ノスリ4 ツミ4
9時台 サシバ62 ハチクマ9 ノスリ4 ツミ4 ハイタカsp1
10時台 サシバ9 ハチクマ8 ノスリ2 ツミ4
11時台 サシバ8 ハチクマ4 ノスリ2 ツミ3 ハイタカsp2
12時台 サシバ1
13時台 サシバ5 ハチクマ4 ノスリ2
14時台 サシバ2 ノスリ3
合計 サシバ141 ハチクマ34 ノスリ14 ツミ15 ハイタカsp3 タカ類計209

今日はサシバが良く飛んだ。やっとサシバが100を超える日に当たった!
8時から10時まではほぼ全てが頭上をぞろぞろと通過して、これぞサシバの渡り!という感じ。その後は高く遠く少なくなってしまい、展望台に着くのが遅れた方々にとっては外れの日になってしまったことでしょう。
何と言っても今日の目玉はサシバの暗色型。朝一のサシバ18羽の群れを眺めていたら、真上に来た暗色型を発見。下面の雨覆と風切のコントラストがとってもきれいで、渡りで見れたことにも興奮していたら、次に少し南にそれて飛んできたサシバも暗色型だった。さすがに二羽目は信じられなかったので、??となってしまった(笑)。奄美での越冬個体は見たけれど、渡りで見るのはまた雰囲気が違う。コースも良かったし、こんなことはなかなかないだろう!
他はサシバが木に止まったのが見れたり、ツミが上空でよく鳴いたり、ツミ4羽の群れが渡ったり、近いツミがあったり。朝はなかなか見所の多い日だった。


7時過ぎのまだタカが出ない時間にアオバトが木に止まって撮影できた。
縄張りを張っているキジバトが一回だけ二羽で出てきたので孵化したかな?と思ったり。
ヒヨドリの今季初の渡りを観察。3羽と30羽ほど。

今日は良い時間に来れなかった方がたくさんみえた気がするが、せっかくなら朝から夕方までいてほしいと思う!笑
見所が何時の出来事なのかはそこにいた人しかわからない。
まあ朝に良いことがあることが圧倒的に多いけど(笑)


アオバト Treron sieboldii
↓展望台に着いてすぐに見える場所に止まった。一羽かと思ったら三羽飛び出してきた。

サシバ Butastur indicus
↓成鳥。

↓幼鳥。

↓暗色型①

↓暗色型②。サシバの暗色型を渡りで見るという念願がかなった。しかも金華山で。めちゃくちゃうれしかった。

サシバ Butastur indicus とハチクマ Pernis ptilorhyncus
↓一度頭上を通過してから、市街地側でタカ柱。

ツミ Accipiter gularis
↓鳴いている!

サシバ Butastur indicus とノスリ Buteo buteo
↓サシバの上をノスリが飛ぶ。こういう写真はタカの渡りならではという感じがして大好き。


コメントする

金華山のタカの渡り 2017.9.21

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2017年9月21日 7:10-16:00 晴れ
7時台 タカ類0
8時台 サシバ7 ハチクマ3 ツミ4
9時台 サシバ28 ハチクマ1 ツミ3
10時台 サシバ29 ハチクマ9 ツミ1
11時台 サシバ3 ミサゴ1 大型不明1
12時台 サシバ13 ハチクマ12 ノスリ7
13時台 サシバ8 ハチクマ17 ノスリ10 ツミ2
14時台 サシバ4 ハチクマ23 ノスリ11 ツミ1
15時台 サシバ4  ハチクマ11 ノスリ17
合計 サシバ96 ハチクマ66 ノスリ45 ツミ11 ミサゴ1 不明1 タカ類計220

3連休が台風で潰れたので久しぶりに金華山に行った気がする。今日は風が心地よかった。
8時から9時までは近いサシバが連なって通過したり、サシバ成鳥が真横に出てきたり、ツミも至近距離をかすめて行ったりと良い感じだったのだけど、9時を過ぎてからはかなり高かったり遠かったりで大変だった。今日の大きな集団は10時台のサシバ18羽と昼から頭上逆光側の高いところにどんどん集合してきたもの。昼からのは高くてよくわからなくなっていたのでカウントできている自信は全然ない(笑)。たぶん見逃しがかなりあったと思う。スコープでの種の識別も迷う高さで通過していくものも多くて難儀した。
午後からはハチクマとノスリが多く出た。前述の通り高く遠くなので見た気はしないけど。良い風が吹いていたからか、どちらも16時まで結構な高度を維持して風を受けて渡っていた。ノスリの数がこの時期にしては異常なほど多い。不思議なのが、10月のノスリの時期には午前がピークになるのだけど、9月は午後にぱらぱら飛ぶことが多いこと。今日もノスリは全て午後になってからの通過だった。

しんどかったけど総数で200を超えたしまあまあ良い日。識別の練習な1日だった。

キジバトが展望台の周辺で縄張りを張っているようでディスプレイが良く見られる。キジバトの飛んでいる写真は撮っていなかったのでひそかに狙っているところ。あと、先週は咲いていなかった彼岸花に来るチョウの中にひときわ綺麗なのがいたので写真を撮ったら、案の定ミヤマカラスアゲハだった。金華山で見られるとは!


サシバ Butastur indicus
↓二羽で仲良く渡る。

↓近かった個体その1。北側から急に現れた。気付くのが遅れてこんな写真に。

↓近かった個体その2。成鳥。これはしっかり納めることができた。目線で回ってくれて最高!

ハチクマ Pernis ptilorhyncus
↓雌成鳥。これは朝一で出た個体。

↓幼鳥。上の雌に続いてきた。

↓夕方の雌成鳥。

ツミ Accipiter gularis
↓午前中。近かった!今年は近いツミが多いような。いつもはこんなに撮れない。

↓別個体。ツミは空中で曲芸みたいなことをするけど、無駄な体力を使っているのでは。。。

ノスリ Buteo buteo
↓夕方。

↓おまけのミヤマカラスアゲハ。


コメントする

タカの渡り(金華山以外)2017年

2017年9月14日 伊吹山(山頂駐車場) 12:30-15:00 晴れ
ハチクマ11 ツミ1
至近距離で見られるものも多くてなかなか楽しい。ただ、標高が高いのでおそらく日が昇って時間が経ってからしか捉えることができない。今日は北西風を受けて高度を維持して猪子山方面へ渡っていった。ホシガラス4羽、コシアカツバメ多数。ホシガラスは移動中のようだったけど、どこに行くのかな。

2017年9月17日 霞ヶ渓公園 9:00-10:15,13:30-15:00 曇(途中降雨中断)
サシバ35 ハチクマ2
渡れる天気ではなかったようで、サシバは28羽と7羽の2つの群れのみ。7羽の群れは渡ってきてから林内に消え、45分後に再び飛び出てきて渡った。条件が悪い日はこんな感じで休憩を交えながら行く個体もいるのだろう。夕方には針葉樹の天辺に止まるサシバとハチクマがスコープでじっくり見られた。ハチクマはスコープなら顔まで見れる距離。


コメントする

金華山のタカの渡り 2017.9.13

金華山でタカの渡りを見てみようと思っている方はご覧ください。↓
金華山のタカの渡りのご案内

金華山 2017年9月13日 7:10-15:30 晴れ
7時台 タカ類0
8時台 サシバ5 ハチクマ2 ノスリ2 ミサゴ1
9時台 サシバ55 ハチクマ3 ノスリ2 ツミ8
10時台 サシバ19 ハチクマ6 ツミ3
11時台 サシバ3 ノスリ1 ツミ1
12時台 サシバ13 ノスリ1
13時台 サシバ2 
14時台 サシバ1 ハチクマ10 ノスリ1
15時台 ハチクマ1
合計 サシバ98 ハチクマ22 ノスリ7 ツミ11 ミサゴ1 タカ類計139

一日楽しい日。朝から比較的低いものが多く、写真距離を通過することが何度もあった。
9時半ごろに正面にサシバ30羽ほどのタカ柱ができ、それがぞろぞろとほぼ真上の見やすいコースで通過していった。今年は飛びそうな日と見に行ける日があまり合わなさそうなので、この集団を見ることができて本当に良かった!サシバは午前中を中心に飛んだが、なぜかいつも暇になる昼ごろにもそこそこ飛んでくれて退屈しなかった。14時前に話し込んでいた時、ふと顔を上げると展望台の10m横の木の上にふわっとサシバが現れた!!これにはこちらも相当びっくり。サシバは少し離れて旋回して高度を上げて渡ったが、向こうも相当驚いていたのではないかと思う。ハチクマは♂の成鳥が多い。幼鳥は3羽のみ。これも識別しやすい距離を飛ぶものが多かった。ツミも多めに飛んでくれて、かなりの近距離をかすめていくものも。金華山で近いツミは珍しいのでうれしい。鳴き声で上空を飛んでいるツミに気づく場面もあった。渡り途中の猛禽の声が聞けると嬉しくなる。

他に興味深かったこととして、サシバが一羽通過した後、同じ高度で自衛隊のヘリがやってきたときのこと。サシバはそのヘリを嫌がり、急に高度を落とした後に別の場所で旋回上昇を始めた。飛行機に対してはどう反応するのか以前から気になっていたので、実際に嫌がる場面を見ることができて良かった。

あと、飛び回るアオバト1羽が見られた。


サシバ Butastur indicus
↓高密度にはならなかったが、集団はやはり圧巻。

↓羽が透けたり、青空と雲がいい雰囲気に写ったり。多少遠くともこんな感じで雰囲気の良い写真は撮れる。二枚目はそこそこ近いけど。

↓至近距離から出てきた幼鳥。あまりに突然のことでカメラを構えたら既に後姿。しかし少し離れてから旋回してくれた。十分近い。

ハチクマ Pernis ptilorhyncus
↓♂成鳥。条件が良かったのか下面が鮮明に見えた。

ツミ Accipiter gularis
↓至近距離を通過した幼鳥。ツミはシーズン当初から幼鳥が多い気がする。光が多少悪いが、ツミは鷹斑が大変美しくて良い。

↓おまけでサシバが嫌がって離れたヘリ(笑)